救援衣料のご報告

JUGEMテーマ:お知らせ

何とかして幾人かでも救うため

先月の宣教区教師会で、支援教師のY牧師がこう言われました。 「映画『君の名は。』を題材にしたトラクトなどを何か考えていますか。


 

私にとっては、考えもしなかったことでした。もちろん著作権のこともあり実際には難しいと思いますが、発想自体が斬新だなと感じました。 確かにパウロもパウロは「何とかして幾人かでも救うため」に「ギリシア人にはギリシア人のようになりました」と言いました。福音の裾野の広がりを自分で限定してはいないか。 そんなことを考えていると、救援衣料の前日、中国から観光で来た3人の若い女性三人組が会堂の中に入ってきました。英語でやり取りをしていると、そのうちのひとりがどうやら中国の家の教会に行っているらしく、「クリスチャンになりたいと考えている」とのことです。「クリスチャンになるには簡単なことではないだろうけれど」という彼女の目は真剣で謙虚でした。「神様が魂に触れてくださることを素直に受け入れるならことができますよ」と伝えました。別のひとりは上海出身だということで、教会所蔵の漢訳聖書(1869年上海で発行されたもの)に目を丸くしていました。


 

神様は、様々なきっかけを通して人を導かれます。私自身最初から諦めないで「何とかして幾人かでも救うため」という情熱と知恵を仰ぎ願いたいと思わされました。

中国からのお客様

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:お知らせ 中国からの3人の旅行者。真ん中のお一人は上海出身だそうです。 古川教会にあるお宝の聖書(1890年代に上海で発行された漢訳の聖書)を手にとって、驚いていました。 一番左の方は、クリスチャンになりたいと思っているそうです。神様の導きがありますように!

※ご本人たちの許可を得て、掲載しています。一番右の方、目をつぶっていてごめんなさい。

2017年ほくひ宣教区大会

今年の7月17日に行われるほくひ宣教区大会。その講師、橋谷英徳師がFEBCの取材ページに掲載されました。 古川教会にも講師としてお呼びしたことがありますが、今一度どんな牧師でいらっしゃるか、また牧会する教会が、どんな教会かぜひご一読を。 http://ch.febcjp.com/2017/05/30/resp170530_02/

最近、自転車乗ってますか?

最近、自転車乗ってますか?

JUGEMテーマ:つぶやき。

ブログでお世話になっているJugemさんからのお題で、「最近、自転車乗ってますか?」と。

 

嬉しいこと、訊いてくれますね。「乗っています!」

 

先日、伊東でオレンジロードを満喫。みかん畑から見る伊東の海はより青く美しく見えました。

 

みかんが数個、道路脇に落ちていました。これが本当のオレンジロード?!

みかんの花言葉は、「花嫁の喜び」だそうです。

 

聖書の言葉をおもいだしました。


ヨハネの黙示録 21章2節です。

「私はまた、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために飾られた花嫁のように整えられて、神のみもとを出て、天から下って来るのを見た。」

 

やがて来るべき新天地創造の後、天上の教会がその新しい世界に下ってくるという聖書の大スペクタクルです。

そのとき、みかん畑から見る伊東の景色よりも素晴らしいものを私たちは見ることになります。楽しみです。

アースデー祈祷会

5月10日は別にアースデーではないのですが、地球環境保護のことを覚えるという趣旨でアースデー祈祷会を行いました。

 

神様が造られた自然を、人間は自らの罪の性質によって蹂躙してきました。人間の所業によってどれほどの動植物が絶滅したでしょう。どれほど自然が汚染され、人間自身もその影響をどれほどう受けたでしょう。それは今も続いています。

 

どうか神に委ねられたものを、謙虚に賢く取り扱うことができますように。神からの恵みとして共有し、尊ぶことができますように。

 

 

 

ギターと信仰

「様々な個性のあるギターを高い音楽的品質で作っている。しかし、どんなにすばらしいギターも、あなたが実際に奏でるまで何の音もしない」

私が持っているギターメーカーTaylorのクラフトマン(熟練工)のことばです。

 

 このことは、神様と私たちとの関係のようではないでしょうか。どんなにすばらしい楽器も演奏者がその楽器を奏でるまでは何の音もしないのと同様に、どんなに素晴らしく可能性を秘めた人間も、いのちを下さった神に触れられてはじめて音楽を紡ぎ出すのです。

 

 聖書のことば

「光が、やみの中から輝き出よ」と言われた神は、私たちの心を照らし、キリストの御顔にある神の栄光を知る知識を輝かせてくださったのです。」競灰螢鵐搬萋 4:6

JUGEMテーマ:つぶやき。

水曜日はお祈りの会(祈祷会)

水曜日晩の祈祷会では、毎週変わり種の企画をしています。先週は聖書朗読祈祷会。司会のN兄も私も「伝道者の書が良い」と思っていたら、見事に一致。1〜12章までを計5人で朗読しました。一気読みは、さながらみことばのフルコース。お店の味(神のみことばレストラン)を余すところなく堪能できます。読み終わったときの満足感、そして反芻したくなるほどの御言葉の味わい深さ。余韻は今も残っています。

 

 最初に企画したときには、「メッセージがなくても大丈夫か」という不安がちょっぴり合ったのですが、この日参加したメンバーの感想によれば「すごく良かった」とのことです。もしみなさんの中から「こんな祈祷会はどうでしょうか」という提案があれば、ぜひ教えていただければうれしいです。

早天祈祷会

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 

昨年に引き続いて、6日限りの受難週早天祈祷会を行いました。初日にはM.T.姉、最終日にはY.T.姉とK.T.姉が集われました。毎日集った方が2名いらっしゃいました。N長老とSさんです。90代、20代、私が40代。たった3人でなんと年齢幅の広い早天祈祷会でしょうか。そこに主の恵みを覚えます。神様は、年代を超えて、キリストにあって一つに集めて下さる。年齢を超えて、神の家族として祈りを一つにしてくださるのです。  

 

一日の始まりを早天祈祷会から始める恵みは、それに出席した者でなければ分かりません。それは何とも形容し難い恵みなのです。その日、いい事があったとか、何もかもうまく行ったということではないのです。何があっても、動じることのない、確かな「重し」が与えられるようなものです。早天祈祷会とデボーションが異なるのは、そこに神の家族としての交わりがあるかどうかです。  この恵みをあなたも来年味わってみませんか。

 

イースター 

JUGEMテーマ:つぶやき。

2017年イースターに子どもたちとエッグハント(卵探し)
プラスチックの卵の中を開けると、お菓子が!グループに分かれてからの卵探しは、小さいお友達にも「ここにあるよ」と優しくできるチャンスでした。みんな喜んでますね!