バイオリニスト三浦文彰さんのことば

1993年3月生まれ、25歳の天才バイオリニスト。

NHK大河ドラマ『真田丸』で、印象深いバイオリンソロから始まるテーマ曲を弾いているのが彼だ。
(ちなみに「真田丸」の題字は、我が飛騨が誇る左官の名匠、挾土秀平さんだ。)
彼曰く
「基礎練習は毎日やります。スポーツ選手と一緒です」(2019年アエラNo.3より)
ということだ。
これには、至極共感する。
時折、こんなクリスチャンに出会うことがある。
「教会にはもう長いこと行っていませんが、ちゃんと信仰は持っています。」
悲しい気持ちになる。神様が私達クリスチャンに望んでいるのは、心で信じているということではなく、心から礼拝することだからだ。
「霊とまことをもって神を礼拝する」
ことだ。これは実践であって、単なる概念ではない。
あまりにも当たり前すぎなので、「わかってますって」と答えが返ってくることもある。いわば基礎練習だ。しかし、プロは、いやプロこそ、この基礎練習を怠らないものなのだ。
毎週礼拝するということ、これがいかに一人のクリスチャンをクリスチャン足らしめているのか。天才と言われる若きバイオリニストのことばから、改めて教えられる。
【今日の聖書】
しかし、まことの礼拝者たちが、御霊と真理によって父を礼拝する時が来ます。今がその時です。父はそのような人たちを、ご自分を礼拝する者として求めておられるのです。(ヨハネ 4章23節)

みゆる光りはみえぬ光りへ息吹を通わせている

JUGEMテーマ:つぶやき。

今日は八木重吉さんという詩人の作品を紹介します。
太陽というタイトルです。
太陽      八木重吉

あなたは総べてのものへ いりこむ

炭にはいっていて赤くあつくなる

草にはいっていて白い花になる

恋人にはいっていて瞳のひかりとなる

 

あなたが神の重い使であることは疑えない

あなたは人間の血のようなものである

地の中の水に似ている

不思議といえば不思議である

有難いといえば実に有難い

あなたよりも力づよいものがあろうか

あながた亡ぶる日があろうか

そして別のあたらしい太陽がかがやく日があろうか

あると基督(キリスト)はおしえられた

ゆえにその日はあると信ぜられる

 

しかしその日まであなたは此の世の光りである

みゆる光りはみえぬ光りへ息吹を通わせている

あなたの高い気持にうたれた日は福(しあわせ)な日である

2019年スタート

JUGEMテーマ:つぶやき。

2019年がスタートしました。
今年もよろしくお願いします。
古川教会では、年間を通して、聖書の中から1節を掲げています。これを年間聖句と呼んでいます。
今年2019年は、これです。
あなたのパンを水の上に投げよ。
ずっと後の日になって、あなたはそれを見出す。 
伝道者の書11章1節
 

ゴスペルコンサート シンガーソングライター内藤容子さんをお招きして

 

本日古川キリスト教会にて、晩の7時よりゴスペルコンサートが開かれます。入場無料です。柔らかく力強い歌声と、希望あふれる世界観の歌詞とメロディーをお楽しみください。

耳の伝道

JUGEMテーマ:お知らせ

私たちは伝道(聖書が言っている良い知らせを伝えること)において、口を用いることだと思いがちですが、実は「聞く」ということがとても重要だということを教えてくれています。クリスチャンならば、一聴の価値ありです。54分。

もったいない時間

牧師の十字路

 

「もったいない時間」が人生を豊かにするのではないかと感じています。先日国府の半田にある荒城川沿いの道を自転車で走っていると、彼岸花(曼珠沙華)がきれいに並んで咲いており、しかも秋ならではの横からの夕陽に照らされて輝いていました。こんな素晴らしいものを見ることができて、来てよかったと思いました。夏とは異なって、道端にすすきが多いことにも気付きます。季節の移り変わりを感じました。デスクワークやクルマの移動ばかりしていたら気付くことはなかったでしょう。

 

与えられている24時間の中で、「意味があるだろう」と私たちが思う範囲は思ったよりも狭いのかもしれません。その範囲を広げて、結果や成果ばかりを求めないで行動することです。ちょっともったいないかもしれないけれど、日常生活から外に向かって踏み出し、神が造られたもの、神が与えてくださっているものに目を留めるようにしていくと、意外にも大きな収穫が得られ、人生が豊かにされるのかもしれません。

 

聖書の言葉

野の花がどうして育つのか、よく考えなさい。マタイ6章28節

JUGEMテーマ:つぶやき。

2018年9月22日 子ども食堂

2018年9月の子ども食堂は、9月22日土曜日11:00〜14:00です。数に限りがありますので、お早めにお越しください。

「味ご飯、豚汁、大学いも」という、誰もが大好きな手作り和食メニュー。お心のある方は、チャリティー募金へ。日本国際飢餓対策機構を通して、世界の食糧難に苦しむ人たちのために用いられます。

もっと光を!

自転車ネタで恐縮です。日が短くなり、朝晩暗くなってきました。自転車やクルマに乗る際は、こちらの存在を相手に知らせるためにも早めに点灯して走行したいですね。


私が愛用しているジェントスのおすすめ自転車用ライトがリニューアルされていることを知りました。HPによると2018年4月からです。自転車取付用のホルダーが付いているモデルがあるのも良いですね。このバイクホルダーは取り外しがしやすいのに、走行中はしっかりホールドしてくれます。それまでは、マジックテープを止めるタイプをしようしていましたが、取り外しにやや手間がかかるうえ、見た目も美しくないので困っていました。でもこの付属のタイプはさすがです。


すでに愛用していますが、使用する3本の単4電池をエネループなどの充電池にすれば、経済的でさらにお勧めです。あなたの行く道を明るく照らしてくださいw

敬老の日を覚えて

2018年9月16日には、敬老の日を覚えて75歳以上の方々11名のお一人お一人の上に手を置いて、祝福をお祈りさせていただきました。教会からは、一筆箋と牧師直筆のみことばのプレゼント。

 

当時の夕方には、きれいな虹が古川の町を跨ぎました。なんか嬉しかったですね。

No rain, no rainbow.

「能力の満足感〜私を強くしてくださる方によって」1983年 堀越暢治牧師説教

本当に素晴らしい説教ですね。福音がキラキラと輝いています。1983年古川教会での録音です。

新改訳2017 
ローマ人への手紙

8:10 キリストがあなたがたのうちにおられるなら、からだは罪のゆえに死んでいても、御霊が義のゆえにいのちとなっています。


ピリピ人への手紙4章13節
4:13 私を強くしてくださる方によって、私はどんなことでもできるのです。